水理実験詳細

断面実験

造波長水槽(路)では、一方向から波を造波させ、主に防波堤や護岸の圧力測定や安定検討、消波ブロックや被覆材の安定検討、越波飛沫の測定、構造物の消波効果、反射波や伝達波の測定などを行っています。特異な実験として、造波機と送風機を用いて波と風を同時に作用させたときの越波・飛沫特性を調べる実験や、水を使わない飛砂特性を調べる実験も行っています。

 

断面実験事例はこちらから 

 

平面実験

平面水槽では、多方向から波を造波させ、主に防波堤の遮蔽効果、埋立てや航路水深の変更に伴う潮流変化、移動床を用いた漂砂、護岸の越波量測定などを行っています。平面水槽を使う実験は、規模が大掛かりとなります。特異な実験として、造波機と送風機を用いて波と風を同時に作用させたときの係留船舶の動揺特性を調べる実験も行っています。

 

平面実験事例はこちらから

 

数値実験

数値実験とは、水を使わない仮想のコンピュータ上に設けた数値波動水路を用いた実験です。数値波動水路は、VOF(Volume of Fluid)法に基づくCADMAS-SURF(Super Roller Flume for Computer Aided Design of Maritime Structure)注)が実務に広く使われています。これは自由表面の運動をコンピュータ上で精度良く追跡・再現できるツールで、越波や伝達波や波力問題に活用されています.水理模型実験の費用や手間を補うツールとして、両者を上手く組み合わせた検討が今後の課題となります。

 

注)(財)沿岸技術研究センター監修「CADMAS-SURF/3D 数値波動水路の研究・開発」

 

数値実験事例はこちらから