新着情報

研究発表会

入社4年未満の若手技術者を対象にグループ研究発表会を行いました。

研究テーマは以下の通りです。

 分類  テーマ
気象
海象
 H.H.W.L.とH.W.L.の説明と設計上の使い分け
 各沖波推算の概要と手法及び設計上の留意事項
 波浪変形計算の順序と手法及び設計上の留意事項
 Smaxの違いによる波浪変形計算結果への影響
 Ho,Ho’,H1/3,Hmaxの説明と設計上の使い分け
 港湾及び漁港の波浪推算及び波圧に関する設計上の相違点
土質
土圧
水圧
 Φ層かC層の判断基準と留意事項
 N値よりΦを求める際の留意事項
 偏心傾斜荷重及び円形すべりの岩盤の強度の設定とその理由
 砂質土中の方塊の安定の模式図作成及び安定計算式の設定
 重力式堤体据付高がH.W.L.とL.W.L.間の場合の残留水位の設定方法
 残留位水位と残留水圧強度の考え方

 

1人3~4テーマを担当し、先輩社員が指導者として研究が行われました。

役割分担、メンバーでの意見交換を行い、先輩社員への助言を求めながら発表資料を作成するので、知識だけではなくコミュニケーション能力も必要となります。また、通常業務での打合せや現場調査等も行いながらのグループ研究は、工程管理能力も試されることになります。

日々の業務が忙しい中で大変だったとは思いますが、よく整理された資料を作成し、試行錯誤しながらもしっかり発表ができていました。

1つの目標に向かってみんなで協力しながら、資料・意見収集をし、纏め、どのように説明するかを考え、新たな知識の学び方やコミュニケーションの取り方、工程管理、様々な事を学習したと思います。
また、この為に作成した資料は、財産として役に立てたいと思います。

DSCF0013.jpg DSCF0006.jpg

 

プレスリリース   2018/07/10   sanyo-cnsl