主な研究実績

2006年度

No.

論文題名  著者名 発表先
1

既設直立堤の飛沫低減工法に関する

実験的研究 

山城賢

吉田明徳

西井康浩

橋本裕樹

加嶋武志

石堂濯 

海洋開発論文集

VOL.22,2006

pp.271-276.

2

曽根干潟の自然環境特性に関する研究 

原喜則

小島治幸

江崎政文

?曙光

清水啓司

久富孝司 

海洋開発論文集

VOL.22,2006

pp.613-618. 

3

離岸堤の発生間隔の予測式  

柴崎誠

宇多高明

芹沢真澄 

海洋開発論文集

VOL.22,2006

pp.917-920.

4

Characteristics of moored ship oscillations due to long-period waves 

Kenichi UZAKI

Yasuhiro NISHII

Nobuhiro MATSUNAGA

Yoshito IKEHATA

Yasuharu KISHIRA

Proc.of the 30th International Conference on Coastal Engineering,2006.

5

現地観測による越波飛沫特性について

山城賢

吉田明徳

西井康浩

橋本裕樹

石堂濯

加嶋武志

海岸工学論文集,第54巻(2)

pp.726-730. 

6

長周期波再現計算の適用における

基礎的な検討

西井康浩

平成18年度ブシネスクによる波浪変形計算に関する勉強会

p.10-14

(注意)青文字著者名は弊社職員

  2011/08/26   sanyo-cnsl.net