調査詳細

数値計算

ブシネスクモデル等を用いた波浪変形計算を行い、港内静穏度の評価を行っています。ブシネスクモデルについては、「独立行政法人港湾空港技術研究所」が毎年開催する勉強会に参加して研究発表を行い、技術力の向上を目指しています。その他、CADMAS-SURFを用いた越波流量の算定、大気・海洋結合モデルを用いた高潮推算、飛砂輸送シミュレーションモデルを用いた飛砂対策法の提案及び3次元海浜変化予測モデルや1ライン汀線変化予測モデルを用いた地形変化予測も行っています。これらのモデルは利用するだけではなく、モデルを発展させる立場としても取り組んでおり、その成果の一部は、各学会で発表しています。

 

事例の紹介はこちらから

アセットマネジメント

構造物に応じて適切な診断を行い、公共施設の損傷・劣化等を将来にわたり把握し、最も費用対効果の高い維持管理を行うための維持管理計画書や、構造物や施設の機能診断に基づく機能保全対策の実施を通じて、既設施設の有効活用や長寿命化を図りLCC(ライフサイクルコスト)を低減するための機能保全計画書を作成します。また、東日本大震災による施設被害の調査を行っています。

 

事例の紹介はこちらから

環境調査

主に海域環境調査や海象調査が多いですが、海域にとどまらず河川・湖沼での環境調査も行っております。また、飛砂や飛沫の調査・研究において定評があります。

 

事例の紹介はこちらから 

システム構築

気象・海象システムにおいて、平成18年度国土交通行政功労表彰の実績があるように、利用者や管理者の使い勝手の良いシステムを構築致します。

 

事例の紹介はこちらから 

経済調査

公共事業等を評価する一つの指標として費用対効果分析(B/C)があります。漁港、港湾、開発保全航路など様々なB/Cを行っております。また、水産基盤ストックマネジメント事業を対象とした漁B/Cも行っています。

 

地域環境整備

各種計画を立案するだけではなく、その後の住民説明、ワークショップなどを開催し、地域住民との合意形成まで行います。

 

測量

陸上の測量、汀線などの陸と海の横断図、航路や泊地の深浅測量を行っています。

 

 事例の紹介はこちらから  

地盤調査

ボーリング調査を行い、地盤の性質を把握します。

 

事例の紹介はこちらから  

データ解析

潮位データを用いて港湾・漁港の各種潮位基準面の算定を行っています。